FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稽古

朝はものっすごい鬱で、「もう稽古もどーでもいいや」と二度寝しかけたのだが、生き甲斐と言ってよい稽古まで休んでしまったら、なんだかこのまま寝たきりになりそうな気がしたので、ちゃんと家を出た。
稽古したら気分がすっとマシになった。
ホント身体動かすの重要。

というわけで、今日は中野。

打拳、棒術、短刀。

打拳。
身体に力は入らないのだが、余分な力も抜けたようで、そんなに調子の悪い感じはしない。
ちゃんとまた贅肉落として、キビキビ動けるようにならないと。
いつも通りの、一足一拳、二拳、膝蹴、前蹴、突返、引手、手刀受、鎌手、払手。
あとは受身各種。

棒術基本と表型。
お相手は茶帯の山○さん。
結構そういう人はいるのだが、どうしても棒の軌跡がナナメ。
構えが真直ぐにできていても、どうしても弧を描いてナナメにぶち当てるように打ってしまうようだ。
稽古の時は向き合ってやるので、適当にやっているとお互いに棒を当てるものだと認識しちゃうのね。
体術でも武器術でも、一番よく指導するのは、「稽古用の動きをするな」だなぁ。

棒をぶつけるために振るのではなく、面を打つ。
お互いやりやすいように正中線を外して打つのではなく、正中線をきちんと取り合う。
型稽古をやる時は、「これは何の動き?」というのを常に考えながらやらねばならないと思う。
それは、師範から教わったということもあるし、学生時代に、何も考えない我武者羅な稽古をして得た失敗から学んだ事でもある。
正中線を取るようになった山さんの棒は、今までと違って、対峙した時の威圧感が出てきた。
とても良いことだ。
後は、次の稽古でも同じ動きができるともっといいんだけど。

短刀。
時間が短かったのと、なんだかんだ言って調子が良い訳ではなかったので、こちらでは黒帯二人に表方の指導。
大乱、小乱、心持。
小乱については、ゆっくりやっても相手が逃げられないように。
逆に、かけられる方からすれば、隙があればちょっと逃げてやるように。
これは隙を作ってはいけない技だと思っているし、隙さえ作らなければゆっくりでも問題ないはず。
きちんと手をまとめて、肘から背骨を極められればOKと思う。
心持は人によって諸説教え方が違う。
河野師範に教わったものと、最近中野でやっているものとは根本的に考え方が違うし、それに応じて細部も全く違う。
個人的にはあまり荒っぽくない考え方の方が、表型という感じがするんだけれども。
膝蹴りを入れてしまうのは、裏型入ってません?

------------------------------

ところで、うちの茶碗蓮が元気。
もっさもっさと葉が増えていき、ようやく今年はじめての花芽がついた。
嬉しい。
今年も無事、花を咲かせてくれそうだ。


あと、これもベランダにおいてあるガマに、穂が生えてきた。
去年は穂が出るまでには至らなかったので、これも綺麗に育つのが今から楽しみでならない。


最後にアナカリスの花。
こいつは何の変哲もない、水槽に入れておくだけの地味ーーーーな水草なのだが、水の上に茎を伸ばして綺麗な花を咲かせる。
こんなに可愛い花が咲くなんて、全然買ったときは知らなかったもんだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新トラックバック

プロフィール

ハヤト

Author:ハヤト
古流柔術三段、趣味プログラミング。
鳥大好き鳥かわいいよ鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥鳥
     _,,,
   _/::o・ア <民主は
 ∈ミ;;;ノ,ノ   カスばっかりだ
    」L

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。